14. PIC32MZ ボードを作ることにしました

ピッチ変換用の基板を買うぐらいならと、オリジナルの PIC32MZ CPU基板を作ることにしました。
パターンを自分で作ってP板コムなどの低コスト基板製作サービスを使えば、ヘタに変換アダプタを買うより安い。(^^)
昔は考えられないほど基板制作の費用が下がりました。21世紀だなぁ。

設計ツールは、いろいろ検討した結果、フリーソフトの KICAD に決定。
designspark 等も考えたのですが、ネット接続でアクティベーションを行うツールはサーバー停止トラブルが怖いので、 スタンドアロンで使えることを条件に選定しました。

実際に使ってみると、UIの仕様には多少戸惑うことがあるものの、動作が軽く、趣味で使うには十分なCADだと思います。
今後しばらくは、PIC32MZ CPUボードの設計作業になります。