[ PIC32 USB Starter Kit III を使ってみる ]

- 2015.02.12 更新 -
[ HOME PAGE ]

- Japanese Language Only -
All rights reserved 転載禁止



1. PIC32 USB Starter Kit III を買ってみた

2. 開発ツールのインストール

 MPLABX v2.30
 xc32 v1.34
 harmony v1_02

3. 寄り道:プロジェクトファイルのバージョン

 ツールのバージョンが上がったら
 古いプロジェクトファイルは
 作り直した方が良いかも?

4. 空のプロジェクトファイルを作る手順

 空っぽなので、あまり役には立たず?

5. LED点灯プロジェクトファイルを作る手順

 必要なファイルが一式揃うので、
 まずはここからスタートがお勧め。
 ( Harmony を使わない場合 )

6. 寄り道:謎の高速化関数 SYSTEMConfig

 CPUクロックやメモリWAIT数を最適化

7. USBホストプログラムの作成(その1)

 Harmony を使ったプロジェクトを
 作成してみる。
 LED点灯でアプリが動くことは確認
 できたが、USBメモリはうまく動かず?

8. USBホストのサンプルを動かしてみる

 自作プログラムは一時保留。
 サンプル MSD_BASIC を動かしてみる

9. 寄り道:Harmony 注意点

 POSCが EC/OFF だと、CPUは動くが
 USBは動かない?

10. USBホストプログラムの作成(その2)

 ちゃんとUSBメモリが動く
 Harmony CONFIG 設定の紹介

11. 寄り道: USB電圧/電流計

 動作不安定を未然に防ぐ。

12. 寄り道: コネクタ対策

 液晶を取り付けたいが、
 手ハンダしにくい 120-pin コネクタ、
 変換基板を買うか、CPUごと買い換えか。

13. 寄り道: I/Oポート制御関数のまとめ

 harmony でのI/Oポート制御関数

14. PIC32MZ ボードを作ることにしました

 フリーソフトの KICAD の勉強を開始
 オリジナルの PIC32MZ ボードを作る