シューティングゲーム「GUNSLINGER-M」みこみこバージョン



注意: 櫻歌ミコのMMDモデルは、別途DLが必要です。



■更新履歴
  2013.07.02: 本家に合わせてバージョンアップ
  2013.06.29: 本家に合わせてバージョンアップ
  2013.06.27: ちょこっとバージョンアップ
  2013.06.21: 味方の声が出る方向のバグを修正

■概要

 2013年6月24に、おうかみこが3.5周年をむかえるにあたり、
 自作シューティングゲーム「GUNSLINGER-M」の「みこみこバージョン」を制作してみました。

 「GUNSLINGER-M」は、MMDモデルを使って遊べる3Dシューティングゲームで、現在テスト公開中のものです。
 自分のキャラクターを操作し、拳銃とロケットランチャーで敵のキャラクターを倒していきます。

 みこみこバージョンのオリジナルとの違いは、下記の通り。

    ・ステージがみこみこっぽい。
    ・拳銃が「りんご銃」。
    ・ゲームのデフォルト設定が初心者向け。
    ・少ししゃべる。
     ただし残念ながら、みこみこの声作りが3.5周年までに間に合わず、
     下記の「あみたろさん」の素材を使わせていただきました。m(__)m

■必要なPCのスペック

 Windows用です。(動作確認:Windows7/64ビット版)。 3Dゲームなので、それなりのマシンパワーが必要です。
 グラフィックカードは、最近のものでもミドルクラス以上が理想です。
 (インテル Core i5 の内蔵GPUで、カクカクでプレイできる程度)

■ダウンロード

 ・櫻歌ミコのMMDモデル:

   みこみこのMMDモデルは付属していませんので、
   下記の動画解説URLから babi氏 のMMDモデルをDLしてください。
   http://www.nicovideo.jp/watch/sm12848000

   DLしたら、適当なフォルダーにいれて解凍しておいてください。

 ・ゲーム本体: これをDLしてください=>shuto_mikomiko.zip


櫻歌ミコのMMDモデルを読み込んだ後の画面

■ゲームのセッティング

 ・GUNSLINGER-M の実行プログラム「TEST002.exe」を実行します。
  (プログラム本体を実行するだけです。インストールは必要ありません。)

 ・起動するとメニュー画面が表示されるので、
  「CHANGE MMD MODEL 1」をクリックします。
  ファイル選択ウィンドウが表示されたら、先に用意した、みこみこMMDモデルのファイル
  「櫻歌ミコ第一.pmd」を選択します。

 ・同じ要領で、
  「CHANGE MMD MODEL 2」をクリックし、同じく「櫻歌ミコ第一.pmd」を選択します。

  ※補足:
    「CHANGE MMD MODEL 1」は自分のキャラモデル、
    「CHANGE MMD MODEL 2」は敵のキャラモデルの選択です。


■ゲームの遊び方

 ・スタート方法: メニューの「START」をクリックするとゲーム開始です。

 ・操作方法

   ・カメラ操作:
     マウスを動かすと、画面がぐるぐる動きます。
     マウスの右ボタンを押すと画面が拡大表示されます。(敵に照準が合わせやすくなります)
     マウス・ホイールで、カメラの距離が操作できます。ホイールを押し込むと初期値。

   ・キャラクターの移動:
     下記のキーボード操作で、「画面に対して」自分のキャラクターが動きます。

     「W」画面の奥へ。
     「S」「X」画面の手前へ。
     「A」画面の左へ。
     「D」画面の右へ。

      ※本体キーの矢印キー操作でも同じ。

     「スペース」キーを押すとジャンプします。建物の上に登る時などに使用します。
     「スペース」キーだけを押すと上昇、上記移動キーを一緒に押すとほぼ水平移動になります。
     ジャンプ中の水平移動は、通常走るよりも移動速度が速くなります。
     高速で移動したい時に利用できます。
     ただし、ジャンプ時間には制限があります。制限時間を越えると落下し、しばらく地面に降りていないと
     次のジャンプはできません。

   ・攻撃:
     マウスの「左ボタン」を押すと弾が発射されます。
     武器の種類は2種類(りんご銃、ロケットランチャー)あり、[Q]キーで切り替えます。
     攻撃中は移動が鈍くなります。(動作として攻撃動作が優先されるため)
     敵の攻撃を回避する場合は、攻撃を一時中止する(左ボタンを離して逃げる)などの対応が必要です。
     また、マウスの右ボタンを押すと画面が拡大表示されるので、照準が合わせやすくなります。

     りんご(弾丸)の数は無制限ですが、ロケットランチャーのミサイルの数には制限があります。
     ミサイルは、時間の経過と共に追加されます。

     敵に討たれた場合、りんご(弾丸)は2発まで耐えられます。(3発目でアボーン。)
     ロケットランチャーのミサイルは、1発目でアボーンです。
     直撃でなくても、爆発に巻き込まれてもアボーンです。(ミサイルは強力という設定)

      音声:
         1発目があたる:「やばいやばい」
         2発目があたる:「ピンチピンチ」
         3発目があたる:あぼーん・・

     拳銃の弾にあと何発耐えられるかは、キャラクターの上の「ステータス」の色で表示されます。
     (緑:あと3発、黄色:あと2発、赤:あと一発)
     ミサイルの本数は、「ステータス」の「オレンジ色の点の数」で表示されます。

   ・メニュー表示:
     ゲーム中、[F1]キーを押すとメニューが表示されます。
     ゲーム中でも、MMDキャラクターの変更などが行えます。

     ※データ量が大きいMMDキャラクターは、プログラムが停止する場合があります。
      剛体設定が柔らかいMMDキャラクターは、物理演算が破綻し易くなります。

   ・ゲームの終了:
     [F1]キーを押してメニューを表示後[END]をクリックするか、[ESC]キーを押してください。

  概要はこんな感じです。
  その他、メニュー設定の詳細、武器の物理的特長、ゲーム仕様の詳細などについては、
  オリジナル「GUNSLINGER-M」の解説ページをご覧ください。
  http://www.imageproduce.com/user/id995846D/test/index.html


■注意/補足事項

  ■制作/著作:
   本ソフトの著作権は、CYARACON が所有しています。

  ■本ソフトの再配布について:
    オリジナル版を含め、まだ開発途中なので再配布は禁止させていただきます。

  ■免責事項:
   本プログラムを実行したいかなる結果についても、制作者は責任を負いません。
   ご自分の判断/責任で使用してください。

  ■声素材について:
   声素材は、下記の「あみたろさん」の素材を使わせていただきました。
   http://www14.big.or.jp/~amiami/happy/

  ■要望/ご意見など(掲示板):
   要望やご意見がありましたら、
こちらのBBSに書き込みんでもらえれば、
   今後の参考にさせていただきます。